たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

つれづれなるままに、思い出した戦国小ネタを気が向いた時に更新します!

2008年01月07日

無欲?

まったくちょいねたにならなくて三千里…

さて、竹中半兵衛重治。ご存知、秀吉に天下を取らせた男。

ちょっとした疑問。

こやつ、秀吉さんの味方になる前は美濃菩提山城で1万石を領してたとか、なんか本で読んだことあった気がするのですが…、ちょっと待てよ。

まだ木下藤吉郎と名乗っていた頃の秀吉よりも断トツの給料とちゃいますか?

秀吉さん、竹中さんを味方に付ける前は足軽組頭で、織田家では下っ端だった。

更に言えば、当時の織田家で万石取りの武将はいません。

竹中家、どんだけでかい土豪なんだと。

織田の直臣になって給料が何百分の一になったんだか。

秀吉の人柄に惹かれたのか、長いものに巻かれたのか、私は前者の方がロマンがあって好きですけど。

日本版三顧の礼ってか。

まぁそもそも一万石ってのがわたくしのとんだ勘違いであったら恐縮の次第。



  • Posted by せんごく at 00:01│Comments(2)
    この記事へのコメント
    竹中半兵衛は、自分もお気に入りの武将の一人です。(≧▽≦)ノ
    斎藤道三の孫の竜興を懲らしめるために、
    わずか数十人の部下と共に、稲葉山城を竜興から奪い、
    竜興が反省したと見るや否や、すぐに城を返す。
    そんな若き名将なれば、秀吉が惚れ込むのも必定。
    半兵衛もそんな性格だから、秀吉を選んだのでしょう。(^^)
    何か阪神から大リーグに旅立った、新庄に似ていますね。(笑)
    Posted by スマイル at 2008年01月08日 17:35
    スマイル殿!お久しゅうござるm(__)m。
    知謀神の如し、といわれた名軍師。
    信長の直参ながら秀吉の元でしか働かなかったのは、半兵衛なりの考えがあったのでしょうね。
    PHP文庫の「竹中半兵衛」は結構私的には面白いです。
    秀吉にだけ仕える半兵衛の真の狙いはここにあった!みたいな。
    Posted by せんごく at 2008年01月09日 09:06
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    無欲?
      コメント(2)