たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

つれづれなるままに、思い出した戦国小ネタを気が向いた時に更新します!

2007年12月29日

聖武の器

ちょいネタを求めて更に三千里。

毛利元就さんの次男、吉川元春。猛将の誉れ高く、弟の小早川隆景と共に、甥の毛利輝元を支える。

その元春の嫁取りの話し。
元就は元春に意中の者がいるかどうか問うべく、家臣の児玉某にそれとなく探らせる。元春は熊谷信直の娘を望んだ。
不審に思った児玉は元春にその真意を確認した。
なぜなら、熊谷信直の娘は評判の「醜女」だったからだ。ようするにブスです。天下の周知のブス。うん、それは言い過ぎ。

すると元春は、
「熊谷の娘がブスなのは知っている。ただこの中国に、熊谷信直に勝る侍大将はいない。信直は娘が嫁に行けないのを不憫に思っているに違いない。俺が熊谷の娘を娘を望めば、熊谷は俺の意気に感じて、俺の為に共に戦ってくれるに違いない。俺は熊谷を舅につけて、中国地方を暴れ回る」
元春の言葉を伝え聞いた元就は「神妙なる心掛け」と大層喜び、さっそく熊谷家に縁談を持ち掛けた。

熊谷は飛び上がるほど娘の縁談を喜び、毛利家、ひいては婿殿元春の為に不借身命の働きをした。

20歳の元春と戦った毛利の宿敵尼子国久は、若い元春を侮ったが、軍団の駆け引きの巧みさが 20歳のそれではなく、「さてもさても毛利元就はめでたい大将だ。子供まで上手く産みおった」と嘆息したそうだ。

勿論、吉川勢の強さは、精強熊谷衆に起因するのは言うまでもない。
ちなみに、元春はその娘との間に三男二女をもうけている。
三男が毛利家の運命を左右させた広家である。

ちと長い…



  • Posted by せんごく at 03:00│Comments(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    聖武の器
      コメント(0)