たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

つれづれなるままに、思い出した戦国小ネタを気が向いた時に更新します!

2008年01月13日

権兵衛

しかし、小ネタというのは意外に難しい…
ちっとも小ネタにならない…

小ネタというより、瞬ネタで行きたい。

そう思う今日この頃。
平野権兵衛長泰。

秀吉の部下で賎ヶ嶽七本槍の一人。

秀吉没後は徳川の家臣となったが、加藤清正亡き後、肥後の大守となった細川忠興と昵懇であった。

忠興は権兵衛の身振り手振りを交えての武勇伝を聞くのが大好きで、よく酒を飲みながらかたらった。

あるとき忠興は権兵衛に録(給料)はいくらなのかを問う。

権兵衛が五千石だとわかると忠興は、
「なんと、たった五千石か。権兵衛、どうじゃ。余に仕えぬか?三万石出すぞ」

万石取りだ。陪臣とはいえ、大名扱いになるのだ。賎ヶ嶽の同僚達は皆大名だ。権兵衛にとっては夢の出世。

ところが権兵衛は、無造作に立ち上がると縁側まで行き、庭に向かって小便を放った。そして、
「忠興殿のお言葉誠に忝ない。ただ高録を頂いてしまいますと、このように自由に小便も出来ぬようになりますので…」

半分は同僚への反発でしょう。
賎ヶ嶽の同僚、福島正則は安岐広島で四十九万石、加藤清正は肥後五十四万石、加藤嘉明は会津四十万石。
大大名に出世してゆく同僚の傍ら、自らはいつまでもたっても旗本止まり。今更三万石を貰って…

権兵衛は媚びへつらうことが苦手な豪傑肌なだけに、主君の秀吉にもあまり快く思われてないふしがあったようです。

今更という気持ちと、我が道を行くという意地があったのでしょう。
まぁ、人にはその人にあった「生き方」があるというもので…


だから長いって!



  • Posted by せんごく at 21:39│Comments(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    権兵衛
      コメント(0)